リモコン電飾キット補足

まずウルトラマンBタイプの進行状況から、
複製作業は完了いたしました。
版権証紙準備完了しました。
パッケージシール、インスト印刷も準備完了しました。
電飾キットは、業者さんの都合により時間がかかっている状態です。
写真用意出来ました。
箱注文しました。
電飾加工作業中です。
発送開始は、10月20日頃になる見込みです。
予約受付順に発送いたしますが、電飾キットの遅れにより
発送作業が長引く可能性があります。
何卒宜しくお願い致します。

さてリモコン電飾キット製品版がようやく1個上がってきました。
IMG_9167.JPG
試作機から変更になったのは、まず送信機の赤と青のスイッチです。
試作機のボタンスイッチはただ押すだけでスイッチオンなのかオフなのか分かりにくい感触でしたので、押すとカチッと感触で分かるスイッチに変更しました。
また受信機の基板と電池ボックスをつなげる場所に樹脂で補強しました。
そして送信機にパイロットランプとして緑色のLEDを付けました。
これは送信機と受信機が繋がった時に光ります。
なのでどちらか一方でも電源や電池が入ってない場合は点灯しません。
ちなみにLEDを点灯させなくても繋がっていればパイロットランプは点灯していますので、当然そのまま放置していると電池がなくなってしまいます。
また送信機の電源を切りパイロットランプが消えても受信機の電源が入っているとLEDを点灯させていなくても受信機の電池はなくなります。
だいたい48時間ぐらいで電池がなくなるようです。
なので使用しない時は受信機、送信機ともに電源スイッチはオフにしておいてください。

あとお客様からの質問で「アレイドのAタイプキットにこのリモコン電飾キットは取り付け可能なのかどうか?」
という質問がありましたので、試してみました。
結果はこんな感じで何とか納まりました。
IMG_9162.JPG
IMG_9160-001.JPG
ただ、カラータイマー部分でAタイプキットは3mmLEDを2個使っていたので、この電球パーツは使えないです。
対策としては、この電球パーツを削り5mmのLEDがはまるよう改造が必要です。
IMG_9164-002.JPG
Aタイプキットの顔のインナーパーツと電球パーツには、同じ3mmLEDなので取り付け可能です。
またAタイプキットのスイッチやインナーパーツをそのまま使いリモコン電飾キットの電池ボックスの黒の電線にスイッチを繋げば、耳の後ろのスイッチを電源スイッチとして使えるので、胴体を開けずに電源スイッチのオンオフができるようになります。
このアイデアは、今後のリモコン電飾キットに応用できますね!

Bタイプキット発送準備が大幅に遅れ大変申し訳ございません。
もうしばしお待ちいただけるよう何卒よろしくお願い申し上げます。




この記事へのコメント

ROOT87
2023年10月12日 22:04
浅川様。お疲れ様です。ウルトラマンBタイプの商品化準備も着々と進んで来ていて、ワクワクしております。Aタイプウルトラマンにも、リモコン電飾キットは転用出来るんですね。これからの新製品の電飾仕様の幅が広がりそうで、こちらも楽しみです。
浅川
2023年10月12日 23:27
ROOT87様 お疲れ様です。
Bタイプ遅れてしまい申し訳ありません。
もうしばしお待ちくださいませ。
リモコン電飾キットは、今後LEDが2個の簡単なものは、
電源スイッチとして今までのようにどこかにスイッチを設置しようと思います。
そうすれば接合面を開けたりしないですみますからね。
今後の展開が楽しみです。